例えば宿題が出て、それに取り組まないお子さんがいるとき

「大人になったときに苦労するから自分の為にやっておきなさい」という叱り方をしてしまう親御さんがいます。

けれど、それは子どもにとっては具体的に想像できないことなので、理解はできないんですよね。

それでも、お母さんやお父さんが喜んでくれるなら頑張りたいという気持ちはあるのです。

宿題なんて「やって当然」という接し方ではなく、頑張ってくれたら「えらいね、頑張ってくれて嬉しいよ」と褒めてあげることが大事です。

宿題は「大人にやらされているもの」という感覚ではなく、「頑張ったら喜んでもらえるもの」という感覚を持つだけで、これまでよりも前向きに取り組めるようになるかもしれません。

子どもは親が喜んでくれることが何よりの報酬なんですよ。